溝上慎一の教育論

詳細へ

Shinichi Mizokami's Website
ようこそ溝上慎一のホームページへ

TEL. 075-753-3047(研究室)
E-mail. mizokami.shinichi.4u at kyoto-u.ac.jp(atを@に変えて下さい)

京都大学教授 溝上慎一(Shinichi Mizokami, Ph.D.)

溝上研究室の大学院生・修了生

教育学研究科・高等教育開発論講座

溝上研究室の大学院生・修了生

詳細へ

新着情報

最終更新日 2018年2月17日

一覧へ

2018年2月17日
【電車のページ】
山形新幹線E3系2000番台の新塗装
2018年2月14日
新刊のお知らせ
日本青年心理学会 (企画) 大野久・小塩真司・佐藤有耕・白井利明・平石賢二・溝上慎一・三好昭子・若松養亮 (2017). 君の悩みに答えよう-青年心理学者と考える10代・20代のための生きるヒント- 福村出版(2017年11月)

・第1章 生き方 「本当にしたいことがわかりません」「良い学校、良い会社、高い給料が人生の目的?」ほか
・第2章 政治・宗教 「選挙で棄権してはいけないのでしょうか?」「宗教はなぜ争いを生み出してしまうのでしょうか?」ほか
・第3章 進路・就職 「大学に行かないといけないのでしょうか?」「就活に勝てる自己分析とは?」ほか
・第4章 学業 「大学でどのように勉強したらいいのかわかりません」「学校に行けません」ほか
・第5章 友人関係 「キャラは何のためにあるのでしょうか?」「友達に嫌われたのではといつも心配です」ほか
・第6章 SNS・ゲーム 「ゲームにハマってしまい、他のことが手につきません」「SNS に疲れることがあります」ほか
・第7章 親子関係 「親が過保護で困っています」「仲良し母娘で大丈夫?」ほか
・第8章 気分・性格 「劣等感を消すにはどうしたらよいですか?」「自尊心ってなんですか?」ほか
・第9章 恋愛 「出会いがありません」「恋愛は必要ないと思います」ほか
・第10章 身体 「もっとやせて憧れのアイドルのようになりたいです」「外見のせいで恋人ができません」ほか
*Amazonでは入荷待ちになっているようなので、お急ぎの方は出版社に直接お申し込みください(こちら)。
2018年2月13日
新刊のお知らせ
溝上慎一 (監修) 京都大学高等教育研究開発推進センター・河合塾 (編) (2018). 高大接続の本質―「学校と社会をつなぐ調査」から見えてきた課題- 学事出版(2018年2月)

・第1章 10年トランジション調査の前史
・第2章 10年トランジション調査の2時点目(大学1年時)までの成果
・第3章 高大接続と受け入れる大学側の観点から結果をどう見るか
・第4章 トランジションの研究成果に基づいた高校の実践事例(京都市立塔南高等学校・神奈川県私立桐蔭学園)
2018年1月31日
【教育論のページ】最新記事 http://smizok.net/education/subpages/a_update.html
✓(AL関連の実践)【高校/数学】山内寿和(金沢市立工業高等学校)「アクティブラーニングを通して「わかった・できた」」
2017年12月5日
【報告】2017年12月3日開催 大学教育学会2017年度課題研究集会(於:関西国際大学尼崎キャンパス)
課題研究シンポジウム「アクティブラーニングの効果検証-最終年の報告-」の報告資料です。3年間多くの大学、教職員に協力をいただきました。プロジェクトスタッフ一同、心よりお礼を申し上げます。当日報告しましたように、このプロジェクトは科研費等のその他の外部資金で継続して進められます。定期的に報告の機会を設けます。
司会・趣旨:溝上慎一(京都大学)(+総括)(スライドはこちら) PDF
話題提供者:
・三保紀裕(京都学園大学) 「プレ・ポスト調査からみたアクティブラーニング-3年間の調査結果のまとめ-」(スライドはこちらPDF
・山田嘉徳(大阪産業大学)「アクティブラーニングの効果に寄与する要因の質的検討-アクティブラーニング型授業を展開する教員へのインタビュー調査から-」(スライドはこちらPDF
・山田邦雅(北海道大学)「グループ学習におけるフリーライダーの弁別と他者への影響」(スライドはこちらPDF
・長澤多代(三重大学)「アクティブラーニング型授業における教室外学修の実態-山口大学におけるアクションリサーチをもとに-」(スライドはこちらPDF
*公開できないスライドは削除しています。ご了承ください。
2017年12月1日
【自己意識研究会】第74回研究会のご案内 詳しくはこちら
2018年3月10日(土)15時~18時
杉浦 健(近畿大学教職教育部)「多元的自己の心理学―循環から立ち現れる多元的自己のプロセスモデルの提唱―」
2015年10月15日
中学高校に関するイベントや研究会の案内を自由に投稿できるチューリップMLを作りました。全国の中学高校関係者に配信されます。どうぞご利用下さい。
http://kyoto-u.s-coop.net/tulip/index.html