溝上慎一の教育論

詳細へ

Shinichi Mizokami's Website
ようこそ溝上慎一のホームページへ

TEL. 075-753-3047(研究室)
E-mail. mizokami.shinichi.4u at kyoto-u.ac.jp(atを@に変えて下さい)

京都大学教授 溝上慎一(Shinichi Mizokami, Ph.D.)

溝上研究室の大学院生・修了生

教育学研究科・高等教育開発論講座

溝上研究室の大学院生・修了生

詳細へ

新着情報

最終更新日 2017年12月15日

一覧へ

2017年12月14日
電車のページJR四国新型8600系「しおかぜ・いしづち」他-これはナイス!
2017年12月5日
【報告】2017年12月3日開催 大学教育学会2017年度課題研究集会(於:関西国際大学尼崎キャンパス)
課題研究シンポジウム「アクティブラーニングの効果検証-最終年の報告-」の報告資料です。3年間多くの大学、教職員に協力をいただきました。プロジェクトスタッフ一同、心よりお礼を申し上げます。当日報告しましたように、このプロジェクトは科研費等のその他の外部資金で継続して進められます。定期的に報告の機会を設けます。
司会・趣旨:溝上慎一(京都大学)(+総括)(スライドはこちら) PDF
話題提供者:
・三保紀裕(京都学園大学) 「プレ・ポスト調査からみたアクティブラーニング-3年間の調査結果のまとめ-」(スライドはこちらPDF
・山田嘉徳(大阪産業大学)「アクティブラーニングの効果に寄与する要因の質的検討-アクティブラーニング型授業を展開する教員へのインタビュー調査から-」(スライドはこちらPDF
・山田邦雅(北海道大学)「グループ学習におけるフリーライダーの弁別と他者への影響」(スライドはこちらPDF
・長澤多代(三重大学)「アクティブラーニング型授業における教室外学修の実態-山口大学におけるアクションリサーチをもとに-」(スライドはこちらPDF
*公開できないスライドは削除しています。ご了承ください。
2017年12月1日
自己意識研究会】第74回研究会のご案内 詳しくはこちら
2018年3月10日(土)15時~18時
杉浦 健(近畿大学教職教育部)「多元的自己の心理学―循環から立ち現れる多元的自己のプロセスモデルの提唱―」
2017年12月1日
教育論のページ[講話] 授業進度の問題をどう解決するか v2
2015年10月15日
中学高校に関するイベントや研究会の案内を自由に投稿できるチューリップMLを作りました。全国の中学高校関係者に配信されます。どうぞご利用下さい。
http://kyoto-u.s-coop.net/tulip/index.html