電車のページ

様変わりするJR北海道の特急2-「スーパー北斗」に261系投入

2018年1月23日

一覧へ戻る

「様変わりするJR北海道の特急」第2弾(第1弾はこちら)は、函館-札幌を結ぶ「スーパー北斗」の特集である。2016年から主に「スーパーとかち」で用いられていた261系(写真4)を投入し始め、283系(写真9)を廃車。塗装も変え(写真2)、2017年3月のダイヤ改正より本格投入。

<写真1> 函館本線石谷-森 キハ261系1000番台特急「スーパー北斗」 2017年12月

<写真2> 函館本線五稜郭駅 キハ261系1000番台特急「スーパー北斗」 2017年12月
*横に車両を置いて去って行く列車を撮るのは私の好きな構図の一つです。

<写真3> 千歳線白石駅通過 キハ261系1000番台特急「スーパー北斗」 2018年1月

<写真4> 根室本線西帯広-大成 キハ261系1000番台特急「スーパーとかち」 2011年1月
*0107-2011の再掲。

<写真5> 千歳線苗穂駅通過 キハ183系特急「北斗」 2014年7月
*2012年から相次ぐ車両整備不良で休車が相次ぎ、運行に必要な車両が不足する事態となった。その結果、いつもなら堂々たる7~9両編成の北斗がなんと4両編成で、見るに堪えない姿でしばらく走ることとなった。しかし、当時石北本線の特急「オホーツク」(写真6)でのみ見られたスラントノーズ車が「北斗」の先頭に立つという珍事も見られた。

<写真6> 石北本線遠軽-安国 キハ183系特急「オホーツク」 2014年2月
*0105-2015の再掲。

<写真7> 函館本線石谷-森 戯れるハクチョウ 2017年12月
*<写真1>の近くの海岸(内浦湾)。「まだやってきたばかり」と地元の人が話していました。北海道の太平洋側ではよくハクチョウ、カモメを見ます(根室本線のハクチョウはこちら)。<写真8>はカモメです。すごい数で圧巻でした。

<写真8> 函館本線石谷-森 カモメ 2017年12月

<写真9> 室蘭本線 静狩-長万部 キハ283系特急「スーパー北斗」 2010年1月
*2013年に「スーパー北斗」から運用離脱。283系は現在根室本線の「スーパーおおぞら」(写真10)に充当されている。

<写真10> 根室本線新得-トマム キハ283系特急「スーパーおおぞら」 2011年1月
*0107-2011の再掲。

<写真11> 函館本線森駅入線 キハ261系1000番台特急「スーパー北斗」 2017年12月

<写真12> 函館本線森駅発車 キハ281系特急「スーパー北斗」 2017年12月
*この車両は古くなってきましたね。後ろにうっすら見えるのは駒ヶ岳です。

一覧へ戻る