電車のページ

山陽本線と並行する海側のローカル線-赤穂線(岡山・兵庫)

2022年7月16日

一覧へ戻る

相生駅(兵庫県)と東岡山駅(岡山県)を結び、山側・山陽本線に対して海側を走る(といっても海はほとんど見えない)赤穂線。単線で、特急・貨物列車も基本的には走っていないきわめて平凡なローカル線。特急列車などを撮影するついでにやってくる普通列車を撮ろうなどと思っていると、写真を撮る機会がなく年月が過ぎてしまう路線の1つだ。実際、関西で40年以上住んでいた私にとって、「播州赤穂行き」の快速列車は大阪、京都、滋賀の関西圏でお馴染みだった。しかし、播州赤穂には行ったことがなかった。何も行く用事がなかったからだ。今回ふつうに現役で走っている普通列車を写真に収めようと初めて赤穂線に行った。

<写真1> 赤穂線大多羅-東岡山 115系普通列車 2022年6月
*JR西日本では旧国鉄時代の車両がふつうに走っています。旧国鉄・前塗装は<写真7>で、今はほとんど黄色の山陽色に塗り替えられています。

<写真2>赤穂線大多羅-東岡山 213系普通列車 2022年6月

<写真3> 岡山駅 案内掲示板 2022年6月
*「普通 赤穂線 16:35播州赤穂」

<写真4> 赤穂線東岡山駅入線 115系普通列車内より 2022年6月
*この駅を過ぎてまっすぐ進めば山陽本線。右側に折れていけば赤穂線です。

<写真5> 赤穂線大多羅-東岡山 115系普通列車 2022年6月
*大多羅は緑豊かな岡山市近郊の田園地帯。

<写真6> 赤穂線播州赤穂駅 115系普通列車 2022年6月
*関西圏を繋ぐ新快速・快速列車の起点となる播州赤穂駅(ただし、写真は赤穂線の折り返しの普通列車)。

<写真7> 山陽本線中庄駅 115系伯備線普通列車 2010年6月
*「JR西日本単色ローカル列車登場1-ローカル列車の顔18」(2010年8月20日)の再掲。現在の山陽色(黄色)に塗り替えられる前の旧国鉄時代からのカラーリングです。

<写真8> 山陽本線瀬野-八本松 115系普通列車 2017年6月
*115系は広島地区の山陽本線でも同じように走っています。

<写真9> 山陽本線倉敷駅入線 117系快速列車「サンライナー」 2010年6月
*山陽色(黄色、写真10)に塗り替えられる前の117系のカラーリングです。ちなみに、117系はかつて関西圏の新快速主力車両でした(「懐かしの国鉄・JR初期の写真4-関西圏の新快速・快速他」の写真7・8)。

<写真10> 山陽本線中庄-庭瀬 117系快速列車「サンライナー」 2010年6月
*「JR西日本単色ローカル列車登場1-ローカル列車の顔18」(2010年8月20日)の再掲。

<写真11> 赤穂線東岡山-大多羅 115系(改造車)普通列車 2022年6月
*うーん、この顔は、、、。

<写真12> 赤穂線備前片上駅 117系普通列車 2022年6月
*赤穂線の真ん中あたりにある中継点となる駅の1つです。奥に止まっている115系は、岡山方面からやってきて終点・備前片上駅に到着。1時間弱ホームで留置されて、折り返し・岡山行きの普通列車となります。

一覧へ戻る