出版物

新刊 2017年5月

  • 森朋子・溝上慎一 (編) (2017). アクティブラーニング型授業としての反転授業 [理論編] ナカニシヤ出版
  • 森朋子・溝上慎一 (編) (2017). アクティブラーニング型授業としての反転授業 [実践編] ナカニシヤ出版

  •  

    これまでの主な著作

  • 溝上慎一 (編) (2016). アクティブラーニング・シリーズ全7巻 東信堂
      *チラシを用いて東信堂へ申し込めば各冊特価あるいはセット価格(11,800円を10,000円)で購入できます。(2017年3月より1年間有効)
  •  第1巻(安永悟・関田一彦・水野正朗編):アクティブラーニングの技法・授業デザイン
     第2巻(溝上慎一・成田秀夫編):アクティブラーニングとしてのPBLと探究的な学習
     第3巻(松下佳代・石井英真編):アクティブラーニングの評価
     第4巻(溝上慎一編):高等学校におけるアクティブラーニング:理論編 [改訂版2017.2]
            (新学習指導要領に向けての「主体的・対話的で深い学び」をふまえての改訂版です)

     第5巻(溝上慎一編):高等学校におけるアクティブラーニング:事例編
     第6巻(成田秀夫著):アクティブラーニングをどう始めるか
     第7巻(亀倉正彦著):失敗事例から学ぶ大学でのアクティブラーニング

     

  • 溝上慎一 (2014). アクティブラーニングと教授学習パラダイムの転換 東信堂
  • 溝上慎一・松下佳代 (編) (2014). 高校・大学から仕事へのトランジション―変容する能力・アイデンティティと教育― ナカニシヤ出版
  • 中原淳・溝上慎一 (編) (2014). 活躍する組織人の探究-大学から企業へのトランジション- 東京大学出版会
  • 溝上慎一 (責任編集) 京都大学高等教育研究開発推進センター・河合塾 (編) (2015). どんな高校生が大学、社会で成長するのか-「学校と社会をつなぐ調査」からわかった伸びる高校生のタイプ- 学事出版
  •  

             

     

     

     

     

    Page Top