電車のページ

>185系首都圏「湘南ライナー」他で活躍

2017年2月7日

一覧へ戻る

185系と言えば、東京-伊豆の「踊り子」、上野から高崎線の新特急「草津」「あかぎ」で1980年代登場したというのが私の昔の印象。それもそろそろ引退モード。古くなった車両を朝の通勤特急のような形式で使用するのはよくあるJRの戦略だが、首都圏ではこの185系特急車両を使用して朝夕の通勤列車ホームライナーとして、小田原から品川や東京、新宿を結ぶ。ライナー券は510円。ちなみに、ライナーにはオール2階建車両215系も使用されている。これは1990年はじめから湘南ライナーとして使用されている。東京-熱海を結ぶ快速「アクティ」にも使用されていた。1990年代初頭には215系グリーン車だけの増結姿も見られた。

<写真1> 東京駅 185系「湘南ライナー」 2016年8月
*朝方、夕暮れ時は大好きな色合いの一つです。

<写真2> 東京駅 「湘南ライナー1号 18:34発 小田原行き」 2016年8月
*かっこいい!

<写真3> 東京駅 215系「湘南ライナー」+E657系常磐線特急「ひたち」 2016年8月
*2015年3月のダイヤ改正で上野東京ラインが開通し、それまで上野発だった常磐線特急「ひたち」が品川発になった。結果、東京駅の向かい側のホームにこうして特急が入ってきて、湘南ライナーと並ぶことになる。

<写真4> 東京駅 14系客車特急「踊り子」 1986年1月
*<写真3>とまったく同じ場所で、30年前の写真。臨時列車の「踊り子」2編成を並べて撮影。

<写真5> 品川駅 185系「湘南ライナー」 2013年8月
*湘南ライナー4号(左)と2号(右)が7:40に同時に品川に到着する。同時入線というちょっとした名物となっている。2号は東京行きなので、幕がまだ表示されている。

<写真6> 品川駅 185系「湘南ライナー」 2013年8月

<写真7> 東海道本線辻堂-藤沢 185系「湘南ライナー」 2016年12月
*最近の185系は昔のストライプ塗装に戻されている。

<写真8> 東海道本線藤沢駅 185系「湘南ライナー」 2016年12月

<写真9> 品川駅 215系「湘南ライナー」 2013年8月

<写真10> 東海道本線藤沢-大船 215系「おはようライナー新宿」 2016年12月

<写真11> 東海道本線辻堂-藤沢 185系「湘南ライナー」 2016年12月

<写真12> 東海道本線川崎-蒲田 185系「湘南ライナー」 2013年8月
*多摩川橋梁を渡る。編成が長い!さすが首都圏の通勤列車だ。

一覧へ戻る