[YouTube動画チャンネル] ( は過去1週間以内の更新ページにつけてあります)              溝上慎一のホームページ

2022年8月10日 UP中
No28) tulipメーリングリストからの大量の情報処理の仕方-小中学校・高校・大学教育に関するイベントや講演会などのお知らせ-スライドPDF
2022年8月6日 #1-9UP中
番外編) 撮り鉄の旅
#9 戦闘機のような500系新幹線 山陽で活躍中
2022年7月28日済
No26) 講評者は授業で何を見ているか-千々布敏弥先生(国立教育政策研究所)へインタビュースライドPDF)#2補論(授業講評のために用いるカメラはどれか)はこちら
2022年6月10日済
No22) フランス中等教育・大学の大衆化と変わらぬ社会格差-田川千尋先生(大阪大学)にインタビュースライドPDF) ※インタビュー後の溝上との議論はこちら
2022年5月28日 #1UP中
No21) 大学生活の重点項目の時代の変化(現代大学生論)スライドPDF
2022年7月31日 #1-4UP中
No20)心理学
#4 状況でキャラを変える現代社会でも「これが私だ」は必要-藤野遼平さん(大阪大学大学院)にインタビュー
2022年6月19日済
No19) 音楽の授業で「指導と評価の一体化」を実践するとは? -福士幸雄先生(もと岩手県矢巾中校長)にインタビュースライドPDF) ※インタビュー後の溝上との議論はこちら
2022年5月31日完
No18) 「公教育」と「私教育」の観点から学校を問い直す-安彦忠彦先生(名古屋大学名誉教授)にインタビュー-スライドPDF) ※インタビュー後の溝上との議論はこちら
2022年7月17日 #1-4UP中
No17)新著の紹介
2022年4月19日完
No16)「あの園部中」の子供がなぜそこまで学びに向かったのか?(國府常芳・京都府総合教育センター/もと園部中校長)スライドPDF
2022年3月23日完
No15)電通育英会主催「リーダー育英塾」の紹介-2022年度第4期募集に向けて(4/26応募〆切)-スライドPDF
2022年2月26日 ①UP中
No14)高校のスクール・ポリシーとカリキュラム・マネジメント
-高校版IR成果報告会 2022年2月12日実施
2022年8月3日 #1-6UP中
No13)溝上のぶつぶつ
10年トランジション調査・最終報告会のご案内-10年経って高校生はどれだけ変わったか/トランジションに効いていた学びや活動はどのようなものだったか
2022年2月28日 ①~④完
No12)上田紀行先生との対談
-評価を気にしすぎる東工大生/東工大でリベラルアーツ教育改革が目指したもの他
2022年6月26日 #1-2UP中
No11)教学マネジメントセミナー
-大学生の学びは社会での活躍にどう繋がっているか/学生の学びと成長を組織的に推進する甲南大学 他
2022年3月30日完
No10)他教科との関連、カリキュラムマネジメントが充実した東京都立富士高等学校・附属中学校の探究「富士未来学」(2022年2月16日実施「SSH・探究成果発表会」)スライドPDF
2022年5月17日 ①~⑧UP中
No9)桐蔭学園
-桐蔭横浜大学「MAST」と3学期制/シンキングツールを用いた小学校の改革/幼稚園の2年間の成果 他
2022年3月2日 ①~④UP中
No8)地域と学校が繋がる
-横浜市青葉区・あおばコミュニティ・テラス/高校生・大学生にインタビュー
2022年2月8日 ①~⑤完
No7)井上義和先生との対談
-国策としてのアクティブ・ラーニングへの批判/アクティブ・ラーニングの効果について他
2022年5月11日 ①~⑩UP中
No6)忙しい中でも多くの仕事をする学者のコツ
-先のタスクを視界に入れて仕事する/やりたくないこと、思考を使う作業から1日を始める他
2022年1月24日 ①~⑤完
No5)千々布敏弥先生との対談
-「主体的・対話的で深い学び」が施策化された背景・舞台裏に迫る/石井英真による佐藤学批判と教授学再興ほか
2022年2月19日 ①~⑧UP中
No4)文科省Scheem-Dプロジェクト-大学教育のDXを提案する-
-舞台裏を紹介!/LearnWiz オンラインにおける大規模なアクティブラーニングの実現ほか
2022年3月9日 ①~⑫完
No3)高校生の学び成長するための『大学選び』
-将来の見通しを持つ/大学がアクティブラーニング型授業を積極的に推進しているかを調べる/偏差値をうまく利用する他
2022年1月4日完
No2)人の発達と成長を区別する-教育の目的は生徒の「学びと成長」にあり-スライドPDF
2022年1月3日完
No1)「溝上慎一の教育論チャンネル」キックオフスライドPDF

 

Page Top